出会いの季節

出会いの季節では、まじめな出会いを希望するOLのブログ

粗暴な男も困りもの

けどおつきあい相手を吟味するのに相性占いはどうなんだろう?意外なこともあるしときには挫折感もあるものだね。それにしてもワタシはやってみせるぞー!
うーん、純真な愛なのかなあ。年を考えたらわたしの結婚には両親は楽観視しているんだけどね。

なんだか急激にお腹がすいてきてしまったよー(^^;)。ダイエットにもチャレンジしなくちゃね。こっそり社内恋愛を狙っているけど、ほとんどの場合は難しいのよね。
依然として恋愛占いはブームなのだろうか?やってみたら意外に当たるかも!?時々純情なのもなぜだか意欲が上がるものなのかなー。いざというときはアタックできる勇気は大切ですよね。やっぱり純情なラブでしょ。
あ。そうそう近頃は比較的朝ごはん少な目だからちょっと痩せたかも。幸運!ケンカしてはじめて見えてくる相手の魅力や本当の個性にべたぼれしたり逆に落胆したりだねー。

カテゴリー:恋愛

料理できない女の子はモテないね

好みなオトコの前で空回りトークなんかしたら意気消沈だけど、そんなときには色気で勝負かな。もめ事あってまた悶着、というのは結婚活動 では避けられない気がしていますよ(T0T)。
えーっと。センスは見た目に表れるもんだね。初対面でチェックしたいところ。きっちり異性を理解することができるくらいの器の大きさが大切なんだなぁとつくづく思う。
やや頭が弱いワタシでもパーソナリティは多少アピールポイントになると思うんだ。たぶんね。しかし考えてみれば格好と性格は両方大事だね。

エステでも行って大人のチャームポイントアップを、と思ったんだけどこのごろはお金が・・・(--;)。どんなにべた惚れでも破局は突然にやってくるもの割り切ることも必須だね。
例えてみれば好きな時にべたぼれな男女関係を実現したいね。それはそうと気配りができるひとだったら草食系男子も十分イケるでしょ。
先週水曜日のパーティーでは弁護士と知り合ってあまりに感激して仲間に携帯かけちゃったよ。私的にはずっと年上のひとでも結婚意識があるなら全然問題ない。
いくら知的なオトコでも経済状況はチャームポイントとして肝要よね。できれば嗜好を共有しあえると一心同体になれるね。おつきあいも長続きするだろうし。一番単純な手段告白の仕方があれば教えて欲しいよー♪。
ややデブな私でも性格は多少魅力になると思うんだ。たぶんね。女子とメンズの趣味は違うものだから結婚って想定外にスゴイことだとつくづく感じる。

カテゴリー:片想い

感情はストレートに伝えるのが肝要な点

いまだに血液型占いはブームなのだろうか?やってみたら想定外に当たるかも!?最初はアドレス交換でも十分勇気のいることね、本当に。
ていうか、つぎの飲み会ではこの前のような失態は回避するようにしたいものだね。熱々のツーショットを見るとやる気が上がるなあ(^^)。
本当のことはわたしにはわからないけど、結婚相手に求める理想は高いらしい。北海道で公務員やってるオトコのトモダチは忙しくて出逢いが少ないんだって。それも困ったことだね。

時々純真なのもなぜだかモチベーションが上がるものでしょうね。って、純情なラブなんだなー。
それから、掃除のできる女の子には憧れるなぁ。見習おう。学生時代からの友達はもう婚活してるらしい。どうする、わたし(T0T)。
ワタシもいまだに大人になりきれていないってことなのかなー。お正月くらいまでには一緒になれる男性を見つけられると楽観視していたけど・・・(-_-;)。
悩み事を理解するような仲が希望の夫婦仲ですね。何といっても女ごころのわかるオトコにはなぜか好感がもてるね。たとえ大好きでなくても。ちゃんとした趣味の持ち主って草食系男子にはなかなかいないと思うのはわたしだけ?
好みな男の前で空回りトークなんかしたらガッカリだけど、そしたら艶っぽさで勝負かな。希望の関係を築いて幸福な社内恋愛をするには今の職場は程遠いし(ノ ゜Д゜)ノ。

カテゴリー:恋愛

責任感のある男子も魅力

高収入のひとに求婚されたら感激するだろうな。あたしにもチャンスがあると信じるよ。新しい出合いにはいつも感激するし興味深いものだよね。
私的にはずっと年上のひとでも結婚意識があるなら全然OK。ラブロマンスの哲学というかな、人それぞれ多種多様な観点があるね。

こっそり会社員との職場婚を狙ってたりして(笑)。まあちょっと違和感があっても生活スタイルが合うというのが最善よね。
しかしね、逆に結婚願望が強すぎなのはダメなの?とちかごろふと思うのよ。大好きなメンズの前で空回りトークなんかしたら落胆だけど、そんなときには艶っぽさで勝負かな。
けど未だに恋の古傷があって躊躇しちゃうんだよね。ちなみに、恋愛に齢は関係ないと言うけれど、年令があまりに合わないアベックはNGでしょ。
いっけん無益に見える時間を過ごすことも何かめぐり合いがあることもあるからおすすめなんだよ。同僚の誘いにも負けず今度のゴールデンウィークには・・・(^^ヾ)。相手に感情を見抜かれるのは怖いけど、フィーリングを伝えられないのはもっと大変よね。それはそうと、自分磨きの方法は多くあるね、ダイエットや習い事とか。わたしもなにかしないと・・・。
恋人にするならむなしいときはいつでもそばにいてくれる男子がいいさ。OLやっている先輩はべたぼれな瞬間はいつも空回りトークをしてしまって悩みなのだそうだ。分かるよ

カテゴリー:片想い

アバンチュールはぜったいNG

できればありのままを受け止めることができる関係を築きたいね。ゆっくりと聞き上手な頭のいいわたし好みの男とは出会えなくなっていくんだろうなあ。人恋しいよ。
可能なら目の大きなひとで頼りがいがあるひとが私には最適だなあ。理想論過ぎ??ひそかに常識がある王子さま系が好きかなと思う。遅くても3年後には確実に結婚して幸運になってやるわよー。

お見合いというのは婚期を過ぎたひとがするものなのかな。ていうか、わからない。結局、自分を装って交遊しても婚約キャンセルなんかになったら最悪で無用だからね、ありのままの私で通そうと思うわ。
ちなみに合コンで用心深くチェックすべき点は、やっぱりルックスと個性ですよね。次タイミングがあったときには思い切ってホントに逆玉に乗ってみようかとも考えるだけど幸運なのが一番ですね。着実に異性を分かり合うことができるくらいの器の大きさが大切なんだなぁとつくづく思う。
圧倒的に魅力的な女の人になって元彼さえも見返してやりたいとよ。だけど、どうせなら肩幅がある男性と交遊したいですね。
最高の関係を築いて至福な社内恋愛をするには今の職場は程遠いし(T0T)。好機は逃したくないけど、好機は何度も訪れるはず。

カテゴリー:日記

男の子のリアクション、女性のリアクション

ひそかに至福な妄想とかしちゃいそう(^^;)そこそこめぐり合いに関しては大胆な男の人だと愛情が持てるものなのかなあ。
最近突然若返った?とこっそり勘違いしている私はさびしい(ノ ゜Д゜)ノ。ケンカで別れた恋人とよりを戻すなんてこともなにげに考えると大丈夫と思えるね。
選定に選定を重ねているうちにダイスキな男性はとられていくのよねぇ。それはさておき、男性の好きな外出場所って、どこだろう??

つぎのラブロマンスでダメなようなら婚活は挫折でしょうね(ノ ゜Д゜)ノ。男の人と初外食するときの会話には特に用心深く行うべきだし何といっても気をつかうものなのよねー。
共同生活始めたらどん引きしてしまいそうなメンズもいるだろうから生活スタイルはキーポイントよね。ブライダルなんかイメージしちゃうとずい分やる気が高まるなあ。あたしって単純ね。ほとんどの場合、ブライダルの準備にはどれくらいあれば大丈夫?2ヶ月?もっと?女ごころを理解できるオトコはほとんどの場合予想外と少ないものですねー。
学生時代からの親友はもう婚活してるらしい。どうする、あたし(ノ ゜Д゜)ノ。また飲み会行きたい、本当に(^^)。
現在半月間もワンサイドラブのひとがいるけど、彼氏にするには多少のためらいがあるんだよね。女性と男の世界観は違うものだから結婚って意外にスゴイことだとつくづく感じる。
人間関係は用心深く厳選かあ・・・。そうだね。あ。そうそう、大人の会話好きな友人によると、男心は色っぽさで変えられるという単純なものだそうだね。

カテゴリー:恋愛

オトコとの巡り逢いが…

ある程度恋愛経験が豊富というのは優勢なんだけどなあ。私はどうなの?オトコって、男心をうまく活用すると案外コントロールしやすい生き物でしょう(笑)。
外貌が駄目でも家庭志向なのは男性として合格かも、と思える今日この頃。しかしなんとなく洗濯ができる家庭的な男の人もいいなあ。
こっそり会社員との職場恋愛を狙ってたりして(^^)。年収は必須だけど、最近は恋人とのランデブーのときは割勘が一般的って聞くし。意外。

学生時代からの後輩はもう婚活してるらしい。どうする、わたし(--;)。さまざまな生活スタイルがあるけど、相手を受け止めることはおつきあいするなら大切だと思うね。
若干の自分磨きでもオンナの色っぽさを倍増させることができるかもしれないから意識しよう。性格の不一致はやがて別れの原因になるから、念入りに決めたいね。京都に引っ越した後輩はもう恋人から部屋の合鍵をもらったそうだから、まさに一緒な関係なんだねー。話は変わるけどみんなは外食で行きたい場所はどこ?
世の中には料理できない女の人が好みな男の子もいるから、男心は読めないわ。そろそろ私の片想いも半月で終わりにしなきゃ。

カテゴリー:恋愛

プラトニックなラブと婚活

オトコって、男ごころをうまく利用すると案外コントロールしやすい生き物でしょう♪。話は変わるけど、料理のできる女には憧れるなぁ。見習おう。
それにしても独り暮らしの気楽さも楽しみの一つだよね。わかるわかる。結局、自分を装って交際しても婚約停止なんかになったら最悪で無駄だからね、ありのままの私で通そうと思うわ。今度好機があったときには思い切ってほんとうに逆玉に乗ってみようかとも考える

なにげに会社員との職場恋愛を狙ってたりして(笑)。ちかごろはつくづく色々な男の人がいるなあ、と入念にチェックしているけど。
ゆっくりと電撃婚していく級友も出てきて複雑な胸中なのかなあ。先週火曜日の合コンでは実業家と知り合ってあまりに感動して友人にケータイかけちゃったよ。
結婚占いは100%は信じないけど、そこそこ興味はある。でも、どうせなら高身長の男の人と交際したいですね。
あ、浮気がバレて交遊キャンセルになった男の仲間は今頃どうしているのだろう?あ。そうそう、男の子のダイスキなランデブー場所って、どこだろう??確実にチヤホヤされるやり方を誰か教えてください。
ひときわチヤホヤされる女性になりたいと思う今が幸運なのかも。きちんとした趣向の持ち主って草食系男子にはなかなかいないと思うのはわたしだけ?
いつも男ごころを理解することができる心広い妻になりたいものよね。ぜひ肩幅があるひとでポジティブなひとがワタシにはピッタリだなあ。理想論過ぎ??
徐々に婚期が過ぎていくと感じると時々鬱なのかなあと思っちゃう(--;)。まあ、そもそも婚期を逃して晩婚を目指すもの厳しいような気がするわね。

カテゴリー:婚活

気になる男性に接近

現在は確かに純真な恋愛観を持った人は少ないけど、ほとんどの場合気にしないよねぇ。後輩の夫婦は揉め事が絶えず大変と言っていたけど、結婚相手がいるだけうらやましい(-_-;)。
そういえばかっこいい気が利くオトコでも話が急にエッチな話になるとちょっと意気消沈するかなあ。内面重視型と外面重視型のどちらかといわれれば、やはり厳しい選択。私だって性的魅力があるうちは使用すればOKよね。

ワンサイドラブの男性とのランデブーがうまくいくように前からエステ行っておこうっと。今度の水曜日は親友の結婚式だけど、自分の花婿姿を想像してしまうかも。
じつは明日はある誘いがあるけど大して嬉しくないから残念。オンナとオトコの意見は違うものだから結婚って意外にスゴイことだとつくづく感じる。
ドラマにあるような結婚申し込みをされるにはどんな場所がいいかなー?お互いの性格の違いをきちんと確認しあうことも恋愛の要ね。
オンナの目標のラブはそもそも両想いだねー(^^;)。ところで、カレができて同居を始めても恥ずかしくない生活習慣にしようと現在は気をつけているつもり。だけどなんとなく家事ができる家庭的な男の子もいいなあ。また飲み会行きたい、ほんとうに♪。
時たま迷いもあるけど着実に前に進むしかないかなと思う。メンズって、男ごころをうまく活用すると案外コントロールしやすい生き物だね(^^;)。
オンナと男の趣味は違うものだから結婚って想定外にスゴイことだとつくづく感じる。セクシーさは女の人には大事だけど愛嬌だけでオトコを釣るのもどうかと思うわ。ワタシは無理ね。
福島にいるあたしの両親は大してあたしの結婚活動 に口を出さないからまあ気楽。彼にするならむなしいときはいつでもそばにいてくれるオトコがいいさ。

カテゴリー:日記

料理できない女の人はモテないね

経済観念は重要だけど、最近は彼氏とのデートのときは割勘が標準的って聞くし。意外。一番艶っぽさが出る洋服買いたいけど大胆すぎるのもNGよね。
艶っぽさはオンナには大切だけど色気だけで男の人を釣るのもどうかと思うわ。私は無理ね。ちなみに、料理のできるオンナには憧れるなぁ。見習おう。ベタ惚れな関係を維持するポイントはなんなのかなー?

あさってはひまだからどこ行こうかな?このところはヒマな時間を回避するように努力しています。
できるだけ結婚相手紹介サービスは利用したくないし、あと8ヶ月くらいは頑張るかな!次の金曜日は仕事だけど新しい巡り逢いに期待すると仕事もたのしいよ。
男子って、男性心理をうまく使用すると案外コントロールしやすい生き物ですね(^^)。それにしても無駄な交遊だけはイヤだ。
しかし考えてみれば外貌と内面は両方大事だね。次回の合コンは思いっきりかわいい装いで行きたいから前から用意しておこう。うんうん、外見は洋服や化粧でどうにかなるけど、個性を磨くのは結構みんな悩み事なんだよ。
この頃気になっているひとは、ワタシにケータイ電話番号聞いてこないし。なんかどん引き。婚活ではちょっと交遊がウマくいっても急に破局を迎えやすいから心配だよね。北海道でフリーターやってるメンズの後輩は忙しくて出会いが少ないんだって。それもなやみだね。

カテゴリー:片想い

[オススメ]

   2014年 01月 »
Copyright © 2009 出会いの季節. All rights reserved