出会いの季節

出会いの季節では、まじめな出会いを希望するOLのブログ

予感でベストなお相手を!

確実にモテる手段を誰か教えてください。想定外に肥満な男子はごめんなさいだけど、男のセクシーさがあればまだマシだと思えるあたしなのであります♪。
実際のところ次々と周りは既婚者が増えてきている。独りぼっちは肩身が狭いのなんの。失敗を重ねたりするとさらに入念になるのもわかるけどチャレンジが大切ね。
未来の結婚活動 はインターネットとかE-MAILでますます盛んになっていく気がするんだよね。佐賀に引っ越した同僚はもうカレから部屋の合鍵をもらったそうだから、まさに一緒な関係なんだねー。
実際のところ遂次周りは既婚者が増えてきている。独り身は肩身が狭いのなんの。結局、自分を装っておつきあいしても婚約停止なんかになったら最悪で無意味だからね、ありのままの聖子で通そうと思うわ。
ごたごたあってまた揉め事、というのは結婚活動 では避けられない気がしていますよ(T0T)。だれか、楽チンにハッキリした男の人と両想いになれるやり方を教えてくださいよ・・・。
男と初外出するときの会話には特に慎重に行うべきだし何といっても気をつかうものなのよねー。熱々のカップルを見るとやる気が上がるなあ♪。たくさんのメンズと遊びたい。だけど、甘い言葉には慎重に対応しないとね。未婚だとヒマなときに時を構わず遊びにいけるし生活が楽チンでいいんだけどなんとなくさびしいよね。
恋も仕事も趣味も、楽チンにこなせるワタシでありたい、なんちゃって・・・(^^;)。天真爛漫な男の子は色々なリアクションをみたらある程度分かるよね。って、(^^ヾ)。

カテゴリー:遊び

男子との巡り逢いが…

後輩の誘いにも負けず今度の夏休みには・・・(^^;)。そもそも男の子はオンナの泣いたときの顔を見て心を惹かれるらしいね。
ホントに男性心理に興味津々(*^^*)。ひそかに職場婚を狙っているけど、ほとんどの場合は困難なのよね。
ああ、公私で問題がたくさんあるあたしは標準じゃないのかな?やっぱり今日は相当疲れたー。独身者じゃなかったらなぁ。
きっかけは逃したくないけど、機会は何度も訪れるはず。まあある程度違和感があっても生活スタイルが合うというのがベストよね。見込み的には生涯未婚というのもあるのだから、婚期の今が重要だよね。楽チンな方向に走ると一度に自分を見失いそうで大変(泣)。
なんとなくめぐり合いに関しては大胆な男性だと好奇心が持てるものなのかなー。例えば良く話す女の人は男心をくすぶるのかしら。と思ってみたり(^^)。
男女関係には友情?が基本的に無いと思うから、予想外なことで別れになったりするものだよ。恋愛には意外なトラブルがつきもの。そんなときには必要以上に反応しないことがオススメだね。

カテゴリー:恋愛

女盛りの女の子はアドバンテージよ

血液型判断は100%は信じないけど、ちょっと興味はある。これから先の結婚活動 はインターネットとかイーメールでますます盛んになっていく気がするんだよね。
可能なら女盛りのうちに同居くらいはしてみたいものです。外観がダメでもファミリー志向なのはオトコとして合格かも、と思える今日この頃。目標が高い位置にあるワタシには多数のチャレンジが必要だよねぇ。
今度の恋愛経験では入念に間違いなくモノにしたいから頑張るよ。血液型判断は100%は信じないけど、ある程度興味はある。
ワンサイドラブのメンズとのランデブーがうまくいくように前もってエステ行っておこうっと。基本的に女心のわかる男の人にはなぜか愛情がもてるね。たとえ好みでなくても。OLやっている友人はドキドキな瞬間はいつも空回りトークをしてしまって悩みなのだそうだ。わかるわかるあたしがドン引きするのは見た目が高身長のでも思いやりのない男子だね。
どんなにダイスキな彼ができても家庭志向でないと困るものですね。簡単な方向に走ると急に自分を見失いそうで辛い(-_-;)。話は変わるけど何度も一緒のランデブーをしていると相手の収入はだいたい推測できるものですよね。

カテゴリー:日記

草食系でも問題ない!

どんなにべた惚れでも別れは突然にやってくるもの割り切ることも大事だね。あ、不倫がバレておつきあいキャンセルになった男性の後輩は今頃どうしているのだろう?
次回の飲み会は思いっきりかわいい服装で行きたいから事前に用意しておこう。新しい巡り会いにはいつも感動するし愉快なものだよね。
今は確かに純真な恋愛観を持った人は少ないけど、ほとんどの場合気にしないよねぇ。ワタシと同世代の女子の現状はどうなんだろ!?
私、わりに性格はいいほうだと思うんだよね。ぜんぜんOKよね。オトコと初ランデブーするときの会話には特に慎重に行うべきだし何といっても気をつかうものなのよねー。
是非ちょっと面白くない性格をなんとかしてみたい気もするし。困りごとが多いなあ。熱々の男女カップルを見るとモチベーションが上がるなあ(*^^*)。
好きな男の子の前で空回りトークなんかしたらドン引きだけど、そういうときには性的魅力で勝負かな。予想外なこともあるし時折挫折感もあるものだね。とはいっても聖子はやってみせるぞー!少しの自分磨きでもオンナのセクシーさを倍増させることができるかもしれないから意識しよう。
そんなに外貌がパッとしない女の人でも惹きつけるチャームポイントがあれば男子はセクシーさを感じるものです。最初はアドレス交換でも結構勇気のいることね、ほんとうに。
いっそう惹きつける女の人になりたいと思う今が幸福なのかも。そうかー、マッチングサービスにもメリットはあるから利用しない手はないね。

カテゴリー:片想い

オトコの色気

このところは確かに純真な恋愛観を持った人は少ないけど、たいていの場合気にしないよねぇ。だんだん電撃婚していく級友も出てきて複雑な気持ちなんだなー。
今聖子は外貌がお洒落な女子になれるように奮闘の継続なのよ。未来どんな出逢いがあるかなんて誰にもわからないものなのね。
自分が「シングル」という状況は別の視点から見ると楽観視できるものかも、と時には思ったりもします。またコンパ行きたい、本当に♪。
希望を高く持ちすぎると恋愛が億劫になってしまうから柔軟に対応したいね。んー、結婚相談所にも特長はあるから使用しない手はないね。
私と同世代の女子の現状はどうなんだろ!?結婚活動 の方法はいろいろあるけど、イザとなったら結婚相談所もオーケーよね。
そうそう、愛情のあるキスが待ち遠しい(^^)。だけど、交遊から夫婦になってもお互いケンカは回避するべきだけど、それは厳しいことよね。けど、交遊から夫婦になってもお互い喧嘩は回避するべきだけど、それは難しいことよね。さまざまな生活スタイルがあるけど、相手を理解することはお付き合いするなら肝要だと思うね。
予想外に肥満なメンズはごめんなさいだけど、男の愛嬌があればまだマシだと思える聖子なのであります(^^)。たいていは、ダイスキな男性はインテリ風な人で紳士的な人かな。ていうか、贅沢?
来週の日曜日は学生時代の親友で集まるから、いい人いたら紹介してもらおう、っと。そういえば、婚活に関しては暇を作らないというのは鉄則なのよ。
けどね、逆に結婚願望が強すぎなのは駄目なの?とこの頃ふと思うのよ。今後どんな巡り会いがあるかなんて誰にもわからないものなのね。

カテゴリー:婚活

社内恋愛?可能なら!

世の中にはオタクっぽい女がダイスキなオトコもいるから、男性心理は読めないわ。やっぱり好きな男の人には愛情が態度に出るよね。
時折迷いもあるけど着実に前に進むしかないかなと思う。身なりも化粧もばっちりキメて行ったコンパに限って、目標のメンズがいないなんてことも。そんなもんだね。
今私は外見がお洒落な女子になれるように奮闘の継続なのよ。私くらいの年令になると彼氏と同棲しているひとも多数いるのかな。本当に羨ましいよ。
あたしに幸福が訪れるチャンスはいつなのかなぁ。いまいち流行の洋服には疎いけど聖子なりには他でガンバリを意識しているつもり。
是非長髪のひとで明るいひとが聖子にはピッタリだなあ。理想論過ぎ??ファッションも化粧もばっちりキメて行った合コンに限って、理想の男の人がいないなんてことも。分かるよ。可能ならありのままを理解することができる関係を築きたいね。直感を信じて生きていきたいよ、本当に。
って、難儀な一日を終えた後のハッピーなヒトトキは彼氏と居たいものだねェ~。タイプな男性の前で空回りトークなんかしたら落胆だけど、そういうときには愛嬌で勝負かな。

カテゴリー:片想い

ラッキーなめぐり合いに期待したい

それはそうと、大人の会話好きな親友によると、男心は色っぽさで変えられるという単純なものだそうだね。女子の理想のラブはそもそも両想いなのかなー♪。
可能なら高収入のひとでまめなひとがワタシにはピッタリだなあ。理想論過ぎ??例えてみれば髪の長い女子は男心をくすぶるのかしら。と思ってみたり(笑)。
会計士みたいに金銭感覚がちゃんとしている男の人がいいなあ。希望が高い位置にあるあたしには多くのチャレンジが必要だよねぇ。
女としては色気があるほうが利点があるわけだし。べたぼれな関係を維持する要はなんなのかなー?
多種多様な生活スタイルがあるけど、相手を理解することはおつきあいするなら大切だと思うね。新しい巡り逢いにはいつも感激するし楽しいものだよね。
目標が高い位置にある私には多数のアタックが必要だよねぇ。聖子的にはずっと年上のひとでも結婚意識があるなら全然OK。
本当のところ徐々に周りは既婚者が増えてきている。独りぼっちは肩身が狭いのなんの。あ、不倫がバレてお付き合いキャンセルになったメンズの親友は今頃どうしているのだろう?
恋愛占いは100%は信じないけど、ある程度興味はある。両想いで常に一心同体な関係がラッキーだよね。圧倒的に華美な女になって元彼氏さえも見返してやりたいとよ。
しかしいまだに恋愛の古傷があって躊躇しちゃうんだよね。近頃はいろいろあっても毎日やる気を保っていきたいね。

カテゴリー:日記

ハッピーなめぐり合いに期待したい

中身の無いさびしい女だと勘違いされたくないから会話にはホントにいつも気を遣うよ。あ。そうそう、ラブロマンスに年令は関係ないと言うけれど、年格好があまりに合わないアベックはNGでしょ。
時折シングルライフでやりたいことをやってから結婚活動 を始めるのもベストと思うよ。根本的に大人の交際、大人の恋に興味があるわけだし、あたし。
なるべくお見合いは利用したくないし、あと7ヶ月くらいは頑張るかな!んー、いくら仕事で忙しくても結婚後は家族中心の関係はポイントですよねー。
それはそうと、恋愛に年格好は関係ないと言うけれど、年があまりに合わない男女カップルはNGでしょ。
時折シングルライフでやりたいことをやってから結婚活動 を始めるのも最高と思うよ。聞き上手な人も好みだけど、優柔不断な男性はノーサンキュー。
近頃半月間もワンサイドラブのひとがいるけど、恋人にするにはちょっとしたためらいがあるんだよね。けどおつきあい相手を選定するのに異性占いはどうなんだろう?
目標が高い位置にあるあたしにはいっぱいのチャレンジが必要だよねぇ。言い争いしてはじめて見えてくる相手のアピールポイントや本当の人となりにドキドキしたり逆に気落ちしたりなんかなぁ。
近頃は確かに純情な恋愛観を持った人は少ないけど、たいていは気にしないよねぇ。なんだか一度にお腹がすいてきてしまったよー(^^;)。ダイエットにもアタックしなくちゃね。だけどもし結婚したら不貞 はハードな問題だよね。本当に。
人それぞれベストな人間関係は違うものだよね。そんなもんだね。私くらいの年になると彼と同棲しているひとも多くいるのかな。マジで羨ましいよ。理想をいえば夫婦になってもkissができる男女関係を持続したいよ。

カテゴリー:遊び

浮気はぜったいダメ

独り者だと口論すらできないから意外とさびしいんだよね。でも目標は高く持たないとね。
ホントに男性心理に興味津々(^^;)。あ。そうそう恋愛と結婚資金は別問題だから、収入も重要ってことだね。ベストな愛情はどこから来るのだろう、とこっそり妄想するからあたしもひまだなあ。
女ごころを理解できる男性はほとんどの場合意外と少ないものですねー。あ。そうそう恋愛と結婚資金は別問題だから、稼ぎも大切ってことだね。
私だって艶っぽさがあるうちは利用すれば問題ないよね。でもわりにあたしって上手にやっているほうだよね。ファッションも化粧もばっちりキメて行ったパーティーに限って、理想の男の人がいないなんてことも。わかるよ。無責任なひとでも実際にお付き合いしてみると想定外に常識がある個性な場合もあるから楽しいのよね。
少しの違和感はあってもインスピレーションは大切にしたい聖子(^^;)。ラブロマンスには意外な揉め事がつきもの。そういうときには必要以上に反応しないことがおすすめだね。

カテゴリー:恋愛

不倫はぜったいNG

うんうん、今度の飲み会ではこの前のような失態は回避するようにしたいものだね。是非キャラを共有しあえると密接になれるね。おつきあいも長続きするだろうし。
千葉に引っ越した先輩はもう彼から部屋の合鍵をもらったそうだから、まさに一緒な関係なんだねー。言い争いしてはじめて見えてくる相手のチャームポイントや本当の個性にベタボレしたり逆にがっくりしたりでしょう。
そういえば血液型判断の占いは当たらないなあと複雑なフィーリングです。悩み事を分かり合うような仲が最高の夫婦仲なんだよね。
ドラマにあるような結婚申し込みをされるにはどんなスポットがいいかなー?
たまにシングルライフでやりたいことをやってから婚活を始めるのも最良と思うよ。可能性的には生涯一人暮らしというのもあるのだから、結婚適齢期の今が大事だよね。
両親は私のウェディングドレスが早く見たいって携帯かけてきたからなぁ。女性の私でも華美な女の人を見かけると視線がいくからね。華麗なのはいいなあ。うらやましい。人となり重視型と外貌重視型のどちらかといわれれば、そうかー、難しい選択。えーっと、いくら仕事で忙しくても結婚後は家族中心の関係はつぼですよねー。
ちゃんとした性格の持ち主って草食系男子にはなかなかいないと思うのはワタシだけ?しかし結婚活動 を始めてみたものの、未だにいろんなことが心配。
でも未婚の気楽さも楽しみの一つだよね。わかるよ。またパーティー行きたい、ホントに(笑)。
でも考えてみれば外面と人柄は両方大事だね。次きっかけがあったときには思い切ってマジで逆玉に乗ってみようかとも考える

カテゴリー:婚活

[オススメ]

   2013年 01月 »
Copyright © 2009 出会いの季節. All rights reserved